1Z0-060日本語 合格体験記 & 1Z0-060日本語 テスト資料


NO.1 Oracle Net Listener についてどのステートメントは正しいですか。
A. リ ス ナ ー に 登 録 し た サ ー ビ ス は 各 デ ー タ ベ ー ス · ゗ ン ス タ ン ス の プ ロ セ ス · モ ニ タ ー
(PMON )プロセスに よって実行されます。
B. 単一のリスナーは 1 つのデータベース゗ンスタンスと複数のリモ ートクラ゗ゕント接続
C. listener.ora 構成フゔ ゗ルには、 リモートユ ーザーがデータベース· ゗ンスタンスに接続 で
きるようにするために 1 つ以上のリスニング用プロトコル· ゕドレスで構成する必要があり
D. これはすべてのローカルおよび非ローカルユーザー接続用の Oracle データベース·゗ン
E. listener.ora 構成フゔ ゗ルは直接に ORACLE_HOME/ network / admin に配置しなければなりま
Answer: A

1Z0-060日本語 通信   1Z0-060日本語 会場   
Supported services, that is, the services to which the listener forwards client
requests, can be configured in the listener.ora file or this information can be dynamically registered
with the listener. This dynamic registration feature is called service registration. The registration is
performed by the PMON process-an instance background process-of each database instance
that has the necessary configuration in the database initialization parameter file. Dynamic service
registration does not require any configuration in the listener.ora file.
Not B: Service registration reduces the need for the SID_LIST_listener_name parameter setting,
which specifies information about the databases served by the listener, in the listener.ora file.
*Oracle Net Listener is a separate process that runs on the database server computer. It receives
incoming client connection requests and manages the traffic of these requests to the database
*A remote listener is a listener residing on one computer that redirects connections to a database
instance on another computer. Remote listeners are typically used in an Oracle Real Application
Clusters (Oracle RAC) environment. You can configure registration to remote listeners, such as in the
case of Oracle RAC, for dedicated server or shared server environments.

NO.2 コマンドシャットダウンゕボートを実行します。
どのオプションは SYSAUX 表領域を回復するために正しいシーケンスを特定しますか。
A. Explanation:
While evaluating the 12c beta3 I was not able to do the recover while testing "all pdb files lost".
Cannot close the pdb as the system datafile was missing...
So only option to recover was:
Shutdown cdb (10)
startup mount; (1)
restore pluggable database
recover pluggable database
alter database open;
alter pluggable database name open;
Oracle support says: You should be able to close the pdb and restore/recover the system
tablespace of PDB.
*Inconsistent backups are usually created by taking online database backups. You can also make
an inconsistent backup by backing up data files while a database is closed, either:
/ Immediately after the crash of an Oracle instance (or, in an Oracle RAC configuration, all instances)
/ After shutting down the database using SHUTDOWN ABORT Inconsistent backups are only useful if
the database is in ARCHIVELOG mode and all archived redo logs created since the backup are
* Open the database with the RESETLOGS option after finishing recovery: SQL> ALTER DATABASE
9. どの 3 つはそれ が有効になっている場合、 Oracle データベース 12c のマルチプロセス、
A. Reduced logical I/O
B. Reduced virtual memory utilization
C. Improved parallel Execution performance
D. Improved Serial Execution performance
E. Reduced physical I/O
F. Reduced CPU utilization
B. Explanation:
* Multiprocess and Multithreaded Oracle Database Systems
Multiprocess Oracle Database (also called multiuser Oracle Database) uses several processes to run
different parts of the Oracle Database code and additional Oracle processes for the users-either one
process for each connected user or one or more processes shared by multiple users. Most databases
are multiuser because a primary advantage of a database is managing data needed by multiple
users simultaneously.
Each process in a database instance performs a specific job. By dividing the work of the database
and applications into several processes, multiple users and applications can connect to an instance
simultaneously while the system gives good performance.
* In previous releases, Oracle processes did not run as threads on UNIX and Linux systems. Starting
in Oracle Database 12c, the multithreaded Oracle Database model enables Oracle processes to
execute as operating system threads in separate address spaces.
10. ス ト レ ー ジ 管 理 者 が プ ロ ビ ジ ョ ニ ン グ さ れ て い る い く つ か の 新 し い ス ト レ ー ジ 階 層
を利用するために、 大きなヒープテーブルのパーテゖションは Oracle12C データベース内 の
ローカルおよびグローバル·パーテゖション B ツリー索引は表に定義されています。
大量のトランザクションは日中にテーブルにゕクセスし、 取引の培地量は夜間や週末にゕク
どの 3 つのステートメントはこの要件について真ですか。
A. パーテゖションは新しい表領域 に対してオンラ゗ンに移動することができます。
B. グローバル索引は パーテゖションを移動した後に手動で再構築する必要があります。
C. パーテゖションは 同じ表領域に圧縮することができます。
D. パーテゖションは 新しい表領域に圧縮することができます。
E. ローカル索引はパーテゖションを移動した後に手動で再構築する必要があります。
C. 10, 1 、5, 8, 10
D. 10, 1 、2 、5, 8
E. 6, 5, 4 、7
F. 10, 1 、2 、5, 4 、9, 8
Answer: E

1Z0-060日本語 模擬   
A: You can create and rebuild indexes online. Therefore, you can update base tables at the same
time you are building or rebuilding indexes on that table. You can perform DML operations while
the index build is taking place, but DDL operations are not allowed. Parallel execution is not
supported when creating or rebuilding an index online.
D: Moving (Rebuilding) Index-Organized Tables Because index-organized tables are primarily stored
in a B-tree index, you can encounter fragmentation as a consequence of incremental updates.
However, you can use the ALTER TABLE...MOVE statement to rebuild the index and reduce this
C: If a table can be compressed in the new tablespace, also it can be compressed in the same
Not B, not E: Local and Global indexes can be automatically rebuild with UPDATE INDEXES when
you move the table.

NO.3 あなたは自 動ス トレー ジ管 理(ASM ) に格納 され たデ ータ ベ ースを 管理 して いま す 。
あなたは定期的に ASM メタデータをバックゕップするためにデータベースと MD_BACKUP
コマンドをバックゕップする RMAN を使用しています。あなたはハードウェゕ障害による
ASM デゖスクグルー プ DG1 を失いました 。
どの 3 つの方法では失われたデゖスク· グループを再作成し、 データを復元 することができ
A. バッ ク ゕ ップ さ れた デ ゖ スク · グル ー プ名 と デ ゖス ク およ び 障害 グ ル ープ の 設定 の 同じ
セットと同じ構成のデゖスク·グループを復元するために MKDG コマンドを使用し、デー
タを復元するために RMAN を使用していま す。
B. 変更されたデゖス ク·グループの指定 、 障害グループの指定 、 名前、および他の属 性 と
デゖスク· グループを復元するために MD_RESTORE コマンドを使用して、 データを復元する
ために RMAN を使用し ています。
C. デゖスクグループ 上のバックゕッ プされ たデゖスクグル ープと データと同じ構 成で、 デ
ゖスクグループを復元する MKDG コマンドを 使用して、 。
D. 故障したデゖスク· グループのメタデータとデータの両方を復元するために MD_RESTORE
E. 入力パラメータとして、 既存のデゖスク· グループ名を渡すことで、 既存のデゖスク· グ
ループのメタデータを復元するために MD_RESTORE コマンドを使用して、 データを復元する
ために RMAN を使用し ています。
F. 障害グループのために同一または異なる仕様と他の属性と新しいデゖスク· グループ DG1
を追加する MKDG コマ ン ドを使用して、 データを復元するために RMAN を使用していま す。
Answer: B,E,F

1Z0-060日本語 攻略   
AC (not E):
The md_restore command allows you to restore a disk group from the metadata created by the
md_backup command.
md_restore can't restore data, only metadata.

NO.4 3 つのプラグ゗ン 可能なデータベース (PDB が) を含まれ、 あなたのマルチテナントコ
ンテナ (CDB)は ARCHIVELOG モードで実行されています。 あなたは SYSAUX 表領域がルート
1.CDB をマウントします。
2. すべての PDB を閉じます。
3. データベースを開きます。
4. ゕーカ゗ブ REDO ログを適用します。
5. データフゔ゗ルを復元します。
6.SYSAUX 表領域をオフラ゗ンにします。
7.SYSAUX 表領域をオンラ゗ンに配置します。
8.RESETLOGS を持つすべての PDB を開きます。

我々の商品の質量を保証するために、専門家たちは商品の開発を研修しています。過去の試験のデータを基づいて、1Z0-060日本語 合格体験記を開発しています。現在でも、問題集の更新に働いています。複数の更新を通して、今の的中率高い1Z0-060日本語 合格体験記になりました。我々の1Z0-060日本語 合格体験記で試験に合格することができると信じています。

IT業界での先駆者として、我々JapanCertの目的はIT認定試験に参加する皆様に助けを提供することです。我々のエリートたちは目標を達成するために、昼も夜も努力してOracle試験の数年以来のデータの分析と整理に就職しています。彼らの真面目な態度があって、我々の1Z0-060日本語 合格体験記を利用するお客様のほとんどは1Z0-060日本語 合格体験記に合格できます。

JapanCertはきみの貴重な時間を節約するだけでなく、 安心で順調に試験に合格するのを保証します。JapanCertは専門のIT業界での評判が高くて、あなたがインターネットでJapanCertの部分のOracle 1Z0-060日本語 合格体験記を無料でダウンロードして、弊社の正確率を確認してください。弊社の商品が好きなのは弊社のたのしいです。

1Z0-060日本語試験番号:1Z0-060日本語 復習教材
試験科目:「Upgrade to Oracle Database 12c (1Z0-060日本語版)」

>> 1Z0-060日本語 復習教材


JapanCertは最新の1Z1-327問題集と高品質のHPE2-T27問題と回答を提供します。JapanCertのEssentials VCEテストエンジンと210-255試験ガイドはあなたが一回で試験に合格するのを助けることができます。高品質のMB2-715 PDFトレーニング教材は、あなたがより迅速かつ簡単に試験に合格することを100%保証します。試験に合格して認証資格を取るのはそのような簡単なことです。